プロフィール

ご挨拶

こんにちは、電八です。このブログをご訪問いただきましてありがとうございます。

ご挨拶がてら自己紹介させていただきます。

趣味・特技・好きな食べ物・嫌いな食べ物

趣味は浅く広く色々ですが、映画鑑賞、格闘技など。

特技は特にないです。器用貧乏なのだと思います。

食べること自体が好きです。特にラーメンとカレー。

嫌いな食べ物はホヤ貝とボケたリンゴ(古くなって柔らかくなったリンゴ)。

◆電八その他のSNS https://www.handshakee.com/denpachixx

生い立ち

1973年5月29日生まれ。49歳。

幼少時からオタク気質でマンガ・アニメ・特撮に強く惹かれる。テレビの前で映像に入り込みすぎて両親の呼び掛けが全く耳に入らずよく怒られました。

また両親が映画好きで折に触れ映画館で映画を観る事もあり、全体的に映像製作や世界設定などが好きになりました。高校生までは「アニメ、マンガの人」みたいに周囲には思われていました。

高校卒業してアニメーション科のある専門学校に入学するために上京。美術大学を受験するが普通に落ちたので新聞奨学生で専門学校へ。

卒業後、アルバイトしながら就職活動をしていると学生時の友人より、とあるアニメ製作会社で募集があるとのことで面接・就職。しかし環境的に耐え難いことがあり退職。

職業について

就職活動前のファミレスでのアルバイトが今までの人生に大きく影響しています。学生時は内気で人前に出る事が苦手で接客業なんてまず考えられませんでした。新聞奨学生の時も配達はいいが、集金がすごく苦手でした。

それがある日、ファミレスの店長にお客様が帰った後のテーブルの片付けだけでいいからフロアに出てくれと言われ、ユニフォームも着替えさせられました。お客様に声をかけられたら「少々お待ちください」と言って下がって他のアルバイトに引き継げと言われ、やってみることに。結局そのままという訳にもいかずズルズルとやる事が増えていき、最終的には接客メンバーになり、その中で店舗代表としてエリア会議に行ってくれと言われるまでにはなりました。ひどい時にはあまりに人手不足で19:00〜23:00まで店長と2人だけで店を回して、片付けが終わらず退店したのが深夜2:00なんて時もありました。不思議と店長とは仲が良かったです。

就職活動中は昼間活動できるように夜の仕事をと選んだのが、バーのカウンターチーフという職業。ただし、これ入ってみて分かったのですが、バーではなくスナックのいわゆる黒服的なバイトでした。いろいろありましたが、ありがたい事にこの時お世話になった方で今でも親交のある人がいます。

その後、アニメーション制作会社に就職。撮影という部署に配属。

出来上がってきた、背景画、セル画、を撮影台でカメラ撮影し、フィルムにする仕事です。

しかし、環境的に耐え難い事があり、退職します。

その後、またご縁で別のお店ですが夜のお仕事に就きました。ここは長く働かせていただきました。

さらに家電量販店にて家電製品の説明・販売業の仕事に就きました。

経験として、ブロードバンド回線販促、PC販促、PCセキュリティソフト販売、TV販売とデジタルの回線、製品の説明・販売です。

固定および携帯ネット回線、PC、PC周辺機器、ネットワーク機器、PCソフト、TV、スマートTV、録画機器、DLNA機器、動画配信サービス、TVサービス、などの商品を扱いました。

こう言った経験により接客業を中心にアニメーション制作会社退職後の仕事を選ぶようになりました。

このブログ起ち上げについて

その後、水商売、販売の仕事を続けました。両方とも社会的にはアルバイト、派遣社員という立場。社会的には自由度のかなり低い立場にあります。

やはり何かしら自分でやらないと自由度は低いままだというのを肌感覚で覚えました。

2020年、コロナ禍により、4月から5月にかけて自粛ということで自宅待機となります。給料は手取りで4割ほど。個人向け給付金が10万円あったからなんとか暮らせました。ですが、自粛ということで仕事もできず収入も減らされてしまうという現状に不安を感じました。ただでさえ売り上げ次第で異動になったりクビになる職業。年齢もあり、この先非常に見通しが暗いのではないかと考えるように。

なんとか収入を増やす算段と増やしたものを元手に不労所得を作れるようにしていかねばということで副業を決意。

情報収集と情報共有と交流と

今更ながらにお金にまつわる本を読んだりYouTube 動画を見る様になり、副業や資産運用などを勉強するようになりました。

自分と同じ様に「何かを始めなきゃ」とか「将来の自由度を高めたい」など、考えてる方たちと共に成長できたらと思います。

何せ50歳手前からの趣味と日常生活改善日記なので。

多少なりとも、こんないい加減でもいいんだとホっとしてもらったり、まだ遅くないと何かを始めるきっかけになれたら幸いです。

また、メッセージなどでのアドバイスや感想など大歓迎です。お問い合わせフォームがございます。

どうぞ皆様よろしくお願いします。

電八をフォローする
スポンサーリンク
電八ぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました