【映画を楽しむコツ】vol.2.1「ブレードランナー」編【U-NEXT】【Amazonプライムビデオ】

コンテンツ

この記事は2021.04/07に書いたものを大幅に加筆修正し、リニューアルしたものです。

SF映画と言えば、オタクに訳の分からない呪文のような言葉で良い部分を説明されるけど全く何がいいのか理解できないし、「理論」とか「すごさ」とかって言われてもピンと来ないという方、多いのではないでしょうか?

特に今回紹介するSF映画では超有名作品の「ブレードランナー」はそんな作品のひとつなのではないかと思います。

分かり易く、どこを楽しめばいいのかを紹介していきます。

尚、このブログは多分にネタバレを含んでいます。

まだ紹介作品をご覧になっていない方にはオススメ出来ません。

作品概要「ブレードランナー」

1982年公開のリドリー・スコット監督作品。フィリップ・K・ディック原作SF小説「電気羊はアンドロイドの夢を見るか」を映像化。

SFの傑作と言われ、サイバーパンク運動の映像化における草分け的な作品です。

また、当時映画「スターウォーズ」や「インディ・ジョーンズ」で大人気のハリソン・フォードが主演です。

この映画いろんなバージョンが存在するのですが、「楽しむ」をメインにして見直すならば、最終版ファイナルカット版いうのが恐らく良いかと思われます。

ディレクターズカット ブレードランナー 最終版(字幕版)
2019年、酸性雨が降りしきるロサンゼルス。外見からは人間と見分けが付かないアンドロイド=「レプリカント」が5体、人間を殺して逃亡。レプリカント専門の賞金稼ぎ=「ブレードランナー」であるデッカードが、単独追跡を開始するが・・・。 No Rating BLADE RUNNER is a trademark of Blad...

残念ながら最終版は現在鑑賞することが出来ません。

好き嫌いが大きく分かれる映画かと思われます。
嫌われる部分としては、
SFのハードボイルドなのですが、アクションもそう派手ではなく、レプリカントたちの人間離れした能力の描写も地味なところです。
それに全編を通して、ほとんど雨が降っているので陰鬱で鬱陶しいところ。

部分ごとに分解して、ツッコミを入れる!!

さてこの映画の楽しみ方。
まずは良い所を見ていきましょう。

  • ネーミングセンスの良さ。ブレードランナー、レプリカント、ネクサス6、タイレル社、など、なんかカッコイイ(笑)
  • 世界観の作り込みの美しさ。街の雰囲気(レイヤー構造の映像や蒸気や濡れた路面に映る街の照り返し、雑多な人種の雑多な文化が入り混じった感じなど)
  • 数々のガジェット。デッカードの飲む酒や持っているグラスやブラスター銃、スピナー(空飛ぶ自動車)、看板や壁材のデザイン

とまあ、よくこの映画が好きな人(オタク⇦私を含む)が挙げるのがこの辺りですね。

実際そうなんだけど、だからって面白くなるのか?というところですが、とっつきにくいのは否めません。


近未来のロサンゼルスで、アジアやアラブなど多種多様な雑多な文化の入り混じったゴミゴミした街が舞台です。
出てくる人々も話す言葉はそれぞれだったりします。

©Warner Bros. Entertainment Inc.

そんな中、冒頭に出てくる飯屋のおじさんのセリフ。
「イラシャーイイラシャーイ」とカタコトの日本語を話している。

本当は純粋な日本語をセリフにしたつもりなのだろうけど、日系なのか中国系なのか、無理矢理日本語をセリフにしているのがわかって思わず、「ふっ」ってなりませんか?

しかも「2つで十分ですよ!ワカッテクダサイヨ!」の部分なんか日本語を頑張ってる外国人のかわいさみたいなものが感じられませんか?そもそも何が多すぎなのかすら分からないってのも「くすっ」としてしまうポイントですよね。

当時1980年代なんてのは、日本人のイメージはメガネ出っ歯。特にアメリカで作成された日本人のイラストは必ずメガネで出っ歯だった。


しかも中国人や韓国人との違いなんてものは一切理解されていないのが現実だった。


それが、日本の寿司職人のような格好をした、日本語を話す飯屋のオヤジってのがすごく印象深い形で冒頭に現れる。

なんか嬉しくなってしまうんですよね。

それから、ビルに映る巨大広告が美しい和装の美女なんですが、なんと日本の製薬会社の商品「強力わかもと」のCMとなっています。日本人的に「おお!」と少し上がる瞬間です。

わかもと製薬株式会社は映画に使われるという事は全く知らなかったそうです。後で映画を観た人からの連絡があって知ったそうです。

特に訴えるでもなく、逆に光栄だとコメントしたとの事です。

そこから、このなんとも間延びした退屈で憂鬱な雰囲気の映画に付き合ってやるかって気分になるんですよね。

するとどうでしょう、主人公のデッカードはブライアン署長に呼び出されて署長室に行くと酒を勧められて断るどころか当たり前のようにクイっと一杯やる。

大変、珍しい形をしたビンなのですが、ジョニーウォーカー黒です。

この後、見ていけばわかりますが、デッカードは酒ばかり飲んでます(笑)


ブレードランナーという仕事は素面ではやってられないほど過酷なんだという設定なのかなんなのか、まあ、茶色いのから、透明な「チンタオ」っていう謎の酒から、よく飲んでますわ。

「チンタオ」って酒を家でショットグラスでチビっとやるシーンがあるんですが、口の中が戦いで切れていてひと口飲む時に血がグラスにふわっと戻るシーンがあって、なんか「おーーーー!!!」ってなります。なんとも印象的でカッコいい描写です。

©Warner Bros. Entertainment Inc.

主人公のデッカードは原作もそうなんですが、いわゆるヒーロー像とはかけ離れているんですよね。

爽快感はないし、ハードボイルドにもなってないです。

でもなんか人間味があってホッとする主人公って所ですかね。

(これがあるから、デッカードが実はレプリカントなのか?とか論争になるんですよね。)

というところで、デッカードの無理強い捜査を見ていく事になるんですな。

とまあ、ここまででなんとなくわかると思うんですが、登場人物(レプリカント含め)がまともな奴が1人もいない(笑)

ちなみにウイスキーの基本について以下の記事にまとめてみました。ご参考にどうぞ。

いかれたキャラほど面白い。

ここで一言。

映画ってまともなヤツはつまらないヤツなんですよね。敢えてつまらないヤツを置いて他のキャラクターを際立たせることもあるんですが、こと「ブレードランナー」においては全員例外なくまともじゃない。

  • レイチェル→自分の記憶が偽物で頼れるのが酔っ払いのデッカードしかいないから愛しちゃおう!(えーーー!ホントにそれでいいの?)
  • 署長→依頼相手に酒飲ましてさらに脅す。(警察で無理なのを依頼してるんじゃないの?)
  • ガフ→君、味方のなの?敵なの?ってかそも何考えてるのさ?折り紙が得意技なのは分かった。
  • チュウ→レプリカントの目玉を製造しているんですが、鼻歌歌いながら「フヒヒ」とか笑いながら作ってます。マジで変態です(笑)
  • セバスチャン→いくらなんでも寂しがり屋過ぎるよね。
  • ロイ→なまじっか感情なんか持つんじゃなかった。精巧になればなるほど狂わずにはいられないでしょ。。。(これ、物語の主題に近い部分)

などなど、他の登場人物も1人としていかれていない人物はいない。唯一、デッカードにチンタオを売ってた眼帯のおばさんくらいか?まともなのは?

この映画のほとんどがイカれた登場人物で、構成された物語という事になります。

変なことは魅力的だったりする。タイレル社長の奇行。


とまあ、細かく分解して自分の生活とどれだけかけ離れているかを想像してみると思わず笑ってしまったり、頑張ってるのになんか少し変なのって魅力的だと思うんです。

例えば、タイレル社長も。
この人、天才頭脳でネクサス6を作り出して世に売り出すんだけど、精度を上げるために知力を上げ、その上がった知力により自己否定感情に陥らないように安定剤代わりに偽の記憶を植え付け、安全装置として感情が芽生えない4年の内に寿命を迎えるように設定。
ってなんて不安定でコスト高なのか。

商品としてはただの人間みたいなロボットでよかったんじゃないか?
自分の好奇心を満たす為なら、レイチェルみたいので満足しておけばよかったのにまず商品で試してみたって。。。
結果、ロイたちに4年以内なら持たないはずの感情が芽生え、反乱→タイレル社長殺害となる。
なんともお間抜けな結果に。
この間抜けなところがなんとも「くすっ」ポイント。

©Warner Bros. Entertainment Inc.

さらにこの社長役を務めたジョー・ターケルという役者さんなんですが、この人、演技が全くできないばかりか、全くセリフを覚える事が出来ない人だったそうです。

最初にデッカードとの会話するシーンでは周囲にすべてのセリフを書いたカンニングペーパーを吊るして、それを読んでいっただけなんだそう。

細かく見ると確かにデッカードと視線が合ってないんですよね。しかもカットごとに見てるとこが違ってるんです。そりゃカンニングペーパーを見てるんだから視線も合いませんわ。

このシーン見てなんか違和感を感じた方!これが原因です(笑)

演技したいハリソン・フォード、させない周囲にイライラ。

役者、演技者、いろいろ言い方はありますが、演技をする事に勝負を賭けている人の事です。

この当時のハリソン・フォードは「スターウォーズ」、「インディ・ジョーンズ」で世界的大スターになり、しっかりとした演技の出来る作品に出演することを希望していたそうです。

そこで「ブレードランナー」主演のオファーが来た時にSFとは言え、ハードボイルド路線の派手なドンパチのない、じっくりストーリーを語る作品だと分かりホクホクとして出演をOKしたそう。

ところがタイレル社長役ジョー・ターケルも、レイチェル役のモデル上がりの女優ショーン・ヤングも、まるで演技が出来ない。。。

しかも監督のリドリー・スコットは元CM製作者でかっこいい映像のことしか考えてない監督でした。まったく役者に演技力を求めていないんですね。

「まともに演技できるのはオレだけか!?」と絶望してしまったそう。

そこでハリソン・フォードも一目置いてるロイ・バティ役のルトガー・ハウアーがハリソン・フォードをなだめてしぶしぶ撮影を続行することになったそう。

だから、ムスッとしていたり、ウンザリしている演技は心底ウンザリしているのが出ているので、ある意味真に迫っています(笑)

なんでこんな目に合わなきゃいけないの?ショーン・ヤング。

元々はバレリーナを目指していたそうなんですが、ケガにより断念してその長身と姿勢の良さを生かしてモデルに転身。その後女優へ。

そして「ブレードランナー」のオファーが来て主演がハリソン・フォードだと知った時にすごく喜んだそう。

初めて会った時もドキドキしながら自分から声をかけ「大ファンです、一緒に仕事出来て光栄です。」と挨拶したそう。

©Warner Bros. Entertainment Inc.

ですが、ハリソン・フォードは気に入らずにムスッとしていたそう。

しかもラブシーンの撮影時には、本当はデッカードがレイチェルを優しく抱き寄せ、優しく甘いキスをするというシーンだったのを、ハリソン・フォードがアドリブでいきなり激しく壁に押し付けたりして襲い掛かるようなシーンにしてしまいました。

かなり荒っぽかったので身体にあざが残ったりしたほどだそうです。

ショーン・ヤングはそれまでのハリソン・フォードの態度もあって、訴える事も一時は考えたそうです。

名シーンを演じたのに!ルトガー・ハウアー

リドリー・スコット監督が映像の事とばかりを考え、役者に演技力を一切求めないという事に腹を立てていたハリソン・フォードに比べて、脚本をすごく気に入っていたルトガー・ハウアーは監督に協力的に撮影に臨んでいました。

映画を成功させるためにハリソン・フォードやショーン・ヤングをなだめて撮影を進めるようにしたりしてたそう。

みんなの潤滑油のような役割を果たしていたんですね。

ラストシーンの撮影に際し監督に「なぜロイは落下するデッカードを助けたのか?」と質問したそう。

リドリー・スコットは「反射だよ。死んでしまうような目に合っている人間を助けるようにプログラムされているから、とっさに反射で助けてしまったんだよ。」と答えました。

それを聞いたルトガー・ハウアーはひどく感心してロイ最後のシーンの撮影に臨みました。

©Warner Bros. Entertainment Inc.

助けてしまった後の演説は実はルトガー・ハウアーのアドリブだそう。

殺そうとした相手でさえプログラムに逆らえずに反射的に助けてしまう、自分が人工物なのだとまざまざと思い知らされてしまう悲しいシーン。

「なんだ。やっぱりただの人工物だったんだ、あ~あ、なんだかな~」的に自分は人工物であったという事を受け入れて、自嘲的に笑みを浮かべながら

「おまえたち人間には信じられないようなものを私は見てきた。 オリオン座の近くで燃える宇宙戦艦。 タンホイザー・ゲートの近くで暗闇に瞬くCビーム。 そんな思い出も時間と共にやがて消える。 雨の中の涙のように。 死ぬ時が来た。」 (原文:I’ve seen things you people wouldn’t believe. Attack ships on fire off the shoulder of Orion. I watched C-beams glitter in the dark near the Tannhäuser Gate. All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die.)

©Warner Bros. Entertainment Inc./「ブレードランナー」より

「カット!」の声が掛かった時にスタジオではこのシーンの素晴らしさに歓声が上がったそう

ものすごくいいシーンが撮れたし、監督のメッセージを最大限に伝えるシーンに出来たのではないかとうれしく思っていました。

ルトガー・ハウアーは映画雑誌などでそのシーンについて「レプリカントに人間の本当の感情が宿ったからデッカードを助けたのだ」とか書かれているのを見て、いやいや違うよと思っていました。

しかし何年後かに、とあるインタビューでリドリー・スコットが「レプリカントにホントの感情が芽生えたから助けた」と答えているのを見て落胆したそう。

ルトガー・ハウアーの献身的な協力とメッセージに対する演技へのこだわりがなかったことにされてしまったという事態に。

人気の高いプロップス:ガジェットや小物、メカニックなどの魅力

この映画が長く愛されている大きな理由のひとつに出てくるモノがいちいちカッコよかったりオシャレだったりというのがあります。

プロップスとは映画小物の事。(最近はガジェットとかアイテムなんて呼ばれますが、映画に限っての言い方としてプロップスと言います。)

いくつか挙げていきましょう。

  • 冒頭から出てくる、スピナーと呼ばれる空を飛ぶ自動車。
  • 署長室で署長に継がれる酒が珍しい形したビンのジョニーウォーカー黒。
  • デッカードが持っている銃、ブラスター
  • 柄が光る傘
  • 「チンタオ」と呼ばれる独特のカーブをもつビンの酒。
  • デッカードが酒を飲む時の各種グラス。
  • デッカード自宅の幾何学模様の壁材。
  • タイレル社長のチェス盤と金属製の駒。

など、目を引くモノだけでもこれくらいはあり、その全てが実は関連品として商品化されていたり、実は別名称でもともと商品として販売されているモノだったりします。

©Warner Bros. Entertainment Inc.

スピナーブラスターはプラモデルやモデルガンとして販売されていて結構人気が高いです。ものによっては入手困難で非常に高値で売買されていたりします。

デッカードブラスターについて

デッカードが持っている銃は「ブラスター」と名付けられています。

「ブラスター」は正確な意味は不明ですが、どうやら、火炎もしくは強烈な熱を発射するものというイメージのようです。

SF的には「熱線銃」「熱戦砲」と訳すことが多いみたいです。

デッカードのブラスターは実弾を撃っているのか熱線なのかは劇中で語られないので不明です。

wikipediaより引用

そもそもふたつの銃を組み合わせて作られたデザインでリアルな感じがたまりません。

そしてこの銃の特徴としてトリガー(引き金)がふたつあります。

設定として正しいものがどれなのかは不明ですが、

  • 実弾と熱線それぞれ用のトリガー説
  • ダブルセットトリガー説

以上の二つの説があります。

劇中で、熱線なのか実弾なのかは見た感じや音からは全く分かりません。というか、発砲音は一種類です。

どうなんだろ?

ダブルセットトリガーは片方が通常のトリガーでもう一つがセットトリガーというもの。

セットトリガーを引いてからだと通常トリガーをより軽く引けるというもの。

命中精度を高めたい時に使う訳です。

が、通常セットトリガーは銃把側についていますが、デッカードは撃つ際にそちらに指を掛けているのが確認できます。

この説も「う~~ん」なんです(笑)

じゃあ、もう一つのトリガーは本当に何のためについているのか?謎ですね~♪

登場するお酒に注目

ジョニーウォーカー黒も作中の形状のビンのモノは結構高値で売買されているみたいです。

そして作中で「チンタオ」と呼ばれている酒なのです。

実はこのお酒はウォッカで、その名も「スミノフ・ド・ツァー」。

ド・ツァーは「皇帝」を意味します。

実はウォッカの中でも非常に味の良い逸品としてしられるお酒です。

残念ながらこのお酒は1996年くらいに終売してしてしまっていて今ではほとんど手に入れる事は出来なくなってしまっています。

メルカリ見ても「10万円でお譲りします」とか空き瓶のみ1万円とか、とにかくプレミアムです。

©Warner Bros. Entertainment Inc.

そして今や「デッカードグラス」と呼ばれるようになったグラス。イタリアの老舗クリスタルメーカー「アルノルフォ・ディ・カンビオ」製のウイスキーグラスだそうです。

メルカリで15000~20000円とかで売買されています。

デッカードの部屋の壁材

デッカードの部屋のキッチンで壁にあしらわれている幾何学模様のタイル。

フランク・ロイド・ライトというデザイナーがデザインしたLAのエニス邸に使われたタイルなのだそうです。

「エニスハウスタイル」と呼ばれ、以前は売買されていました。

最近はレプリカなどが出ているみたいです。

オシャレですよね~。

ユニコーンの夢と折り紙とデッカード=レプリカント説

この映画ではユニコーンが象徴的に出て来ます。

デッカードの夢とガフが折ったであろう折り紙です。

ユニコーンは想像上の実在しない動物です。額に大きな一本角が生えた馬です。

つまり人の創り出した動物です。

その夢をデッカードが見るというのは象徴的で、実はデッカードも人が作り出したものであるという事を表しているという事です。

そしてガフが得意とする折り紙。

©Warner Bros. Entertainment Inc.

最後レイチェルと二人で逃げようとする時にデッカードが見つけるユニコーンの折り紙。これは以下を表すものです。

  • 直前まで処分するべきレプリカントの残り、レイチェルを追ってガフがそこにいた事の証明。
  • 見逃してくれたという事。
  • デッカードがユニコーンの夢を見たことをガフが知っている事、記憶を観る事が出来る。つまりデッカードがレプリカントである事の証明。

という事なんですね。

そして実は劇中レプリカントたちの目が反射で赤っぽく光るシーンが繰り返し出て来ます。これは目が光ったらレプリカントですよという意味のシーンなんです。

レイチェルの目も光ります。そしてデッカードも光るシーンがあります。

つまりデッカードもレプリカントとしてこの映画では描かれているという事なんです。

という風に電八的には解釈しております。

もちろんこの説は論争を呼んでいて、解決されていないんですけどね。

確かに、人間離れした能力のレプリカントを追い始末するというのを人間にやらせるのは効率も悪いです。

むしろそういった人のやりたがらない仕事をさせるためにレプリカントは開発された訳なのでレプリカントにやらせる方が理由として明確です。ブレードランナーはレプリカントなのでしょう。

ガフはどうかというと恐らく彼はブレードランナーではないでしょう。人間相手の警察などとのやり取りを円滑にするためのブレードランナーの仕事の報告・監視をする人員なのだと思われます。

だから監視下のブレードランナーのメンテナンスなどもしているのでしょう。

デッカードの夢の記憶を見ることが出来るのもそれが理由だと思われます。

これはあくまでも電八的個人の見方です。正しいとか言ってるのではなくその方が楽しいからそう解釈しているというだけです。

ラストシーンの違い

この映画にはバージョンとして「○○版」というのがいくつかあります。

  • その中でラストシーンがデッカードとレイチェルがエレベーターに乗って扉が閉じたところで暗転してスタッフロールが流れてくるバージョン。
  • 扉が閉まった後に未来カーに乗って走り去っていくシーンから山間の空撮シーンで終わっていくバージョン。

全体的に前者の方がカッコよくて評価が高いんです。

監督としてもその方がいいと思っているようで、最終版やファイナルカット版では前者のラストシーンが採用されています。

後者のラストシーンは完全版で採用されました。

実は一度クランクアップした後に付け足しで急遽バタバタ撮影したそう。

ハリソン・フォードもショーン・ヤングもお互いにうんざりしていて、ほんの数時間だけの撮影で終わらせるならという事で撮影したそう。

本当に数時間で一発OKで撮影終了したそうです。

山間の空撮シーンは実は映画「シャイニング」で撮影されたフィルムを買い取って編集して繋げたものというのは有名なお話。

知っておくとより楽しめる:サイバーパンク運動

細かい解説は他に詳しい方がガッツリやっているので、かいつまんで分かり易いところを抑える程度に。

1984年に当時新人作家だったウイリアム・ギブスンのSF小説「ニューロマンサー」が発表されて、コンピュータが神経接続されているのが当たり前の世界が描かれました。

そして舞台となる「チバシティ」は日本の都市で、その景色は新宿歌舞伎町を思わせます。

漢字・カタカナ・ひらがな・英語・中国語などが派手に雑多に看板やネオンサインに溢れかえる様だったり、屋台からは湯気がもうもうと立ち昇っていたり、濡れた路面にネオンの光が反射して映り込み美しく輝く様子などが描かれています。

監督のリドリー・スコットはこの感じが大好きで、1989年「ブラックレイン」でも映像に取り入れています。

要は、コンピュータを神経接続されているキャラクターがいたり、サイボーグやアンドロイドが出てくる物語で舞台が新宿歌舞伎町のようなギラギラした雑多な都市のものを「サイバーパンク作品」などと表すようになりました。

これがその後の、「攻殻機動隊」や「マトリックス」などに繋がっていくんですね~。

まとめ


自分が後で見てニヤニヤするための分も含めてかなりの文字数を増筆させていただきました。

恐らく、この映画については続編も含めて飲みながら語ったら何時間あっても足りないのではないでしょうか。

見方として細かく分解して見ていく(登場人物ごとや、シーンごとや背景描写とか。)と面白いと感じられる要素を発見できる可能性が高まります。

よく映画を映像の構造や構図、カット割りの手法などで語る方いらっしゃいますが、そんな知識なくても、「小物ひとつがとってもかっこいい」とか「このアイドル出てる!!」という理由だけでその映画を好きだって言っていいんです!

というか、「こんなことも知らないの?」とか言っちゃう人はその一言でどれだけの映画ファンを減らしているか。

モノを知らない「にわかファンが荒らす」のは当たり前です。ベテランとか第1のファンだと言うなら、にわかでも好きになってくれた人に、「こんな事もあって楽しい」とか「ここは外せないから要チェックしよう」とか教えてあげればいいだけの事です。

映画や音楽、文学や美術、ファッションなど別になくても生きていけるモノ。でも心を満たすのに重要文化なのだから、せっかくならみんなの心が満たせるように考えていきたいところです。

また、映画自体の外の背景なども映画を楽しむのにいい材料となります。

※楽しまないと損だ。

そして続編映画の「ブレードランナー2049」へ。

なお、ただいますべてではありませんが動画配信サービスで観る事が出来ます。

以下のリンクから登録どうぞ。

ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)
2019年、酸性雨が降りしきるロサンゼルス。強靭な肉体と高い知能を併せ持ち、外見からは人間と見分けが付かないアンドロイド=「レプリカント」が5体、人間を殺して逃亡。「解体」処分が決定したこの5体の処刑のため、警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ=「ブレードランナー」であるデッカードが、単独追跡を開始するが・・・...

おまけ

冒頭に登場するホールデンという捜査官はリオンに銃で撃たれてしまいます。

その後のブライアント署長とデッカードの会話で死んでしまった事になっています。

しかし実は生きていて病院でホールデンからデッカードが話を聞くシーンと言うのが撮影されていたんですね。

これ以外にもカットされてしまった映像が実は多々あります。

冒頭の屋台のシーンでデッカードが食べようとしていたメニューはご飯に魚が一匹、ドンと乗っかてる丼だったりします。

デッカードはこれを「4つくれ」って言いいますがおやじに2つで十分だと断られます。

デッカードはそれでも負けずにうどんを頼みます。

どんだけ食うのか?(笑)

こんな感じで掘っても掘ってもいろいろ出てくるのが「ブレードランナー」の楽しいところでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました