ロボット・アンドロイド・サイボーグの違い

コンテンツ

SF用語が最近現実になってきてます。

先に結論から。

  • ロボット:何かの作業を代替させるために造り出された人工物の総称。形も役割も特に制約はない。最近でいえば自動運転出来る自動車は言ってみればロボットカーということになる。
  • アンドロイド:基本的に人間型ロボットの事を言う。人間を模しているのである程度、出来る作業が制限される。人造人間と訳されることも。
  • サイボーグ:人間や生物に対して、能力の向上や補填を目的に人工物などを生体と置き換えた存在。人間でいえばほとんどを義体化しても脳の一部が残っていて、人間としての記憶(魂)が残っていればサイボーグと呼ばれる。つまり根本は人間のまま。改造人間。

マジンガーZやガンダム、鉄人28号などはロボット。鉄腕アトムはアンドロイド。仮面ライダー、キャシャーン、草薙素子などはサイボーグ。

人工知能とサイボーグの苦悩

ここで、人間とサイボーグとアンドロイドの境界が実に曖昧なところが、よく議論される点でSF作品の題材としてよく扱われる考え方です。

SFでは「十分に成熟した科学技術は魔法と変わらない」と言われています。

人間の記憶が電子的に記録に残せるようになり量子的連続性を伴う時、100%人工物に置き換えた存在は果たして人間と呼べるのか?

また、逆に100%人工物をはじめから構築した存在が人間と判別できない行動をとり、人間と変わらない考え・感情を持った時、生い立ちは人工知能であるが、彼らを人間とは呼べないのか?

ここら辺がSFでのロマンですね。

このテーマを扱った作品はたくさんあります。

「攻殻機動隊」「ブレードランナー」「ブレードランナー2049」「her」「アンドリューNDR114」「A.I.」「プロメテウス」「トゥモローランド」「トランセンデンス」など、たくさんの作品がメインテーマでなくとも扱っています。

人に限りなく近いものは人か?

古くは「ピノキオ」や「フランケンシュタインの怪物」も「人間とは何か?彼らは人間とは言えないのか?」というのが根底にあって、しかも人間になりたいという欲求を持っているキャラクターです。少なくとも彼らには人間にあるのと同じだけの感情が存在します。

一体、何がないと人間と呼ぶに値しないのか?

魂でしょうか?

魂は何で出来ているのでしょう?

魂とはそもそもなんですか? 

人為的に産み出されたモノには魂は宿らないのでしょうか?

「神」という存在に関して

「神」の定めたところ以外で産み出されたモノには魂は宿らないという人がいます。

根拠を「神」に求めるのであれば「神」を理路整然と論理的に説明しなければなりません。

まあ、「神」って誰よ!?ってことですね。

まあ、これって「答えがない」が正解だと思います。

神にせよ、魂にせよ、ロボットの人間性にせよ、理解できないものがあるという事がロマンのはじまりですから。

一応、自分の考察。

キリスト教的な絶対神に関しては、存在を肯定できる要素が少ないと思っています。

絶対完全完璧な存在として「神」は人間やこの世界のように不完全なものを何のために創ったのか理解できないからです。最初から完全完璧な存在を作ればいい事ですからね。

オリンポスの神々や日本神話の神々などに連なる多神教の神々は、あってもおかしくない存在なのではと思っています。

なぜなら、完全完璧ではなく、単純に「上位の存在」だからです。これが存在すれば「上位のさらに上位」があることになります。

さらなる上位へシフト出来た存在は完全完璧に一歩近づくことになります。この方が分かり易いです。

人間のひとつ「上位の存在」が「神」ならば人間の喜怒哀楽に関係なく振る舞う自然現象のように見えるでしょうし、「神風」のように祈りにたまたま答えてくれたということもあるでしょう。よっぽどこちらの方が自然な考え方に思えるのです。

自分の家は父方が神道系で代々受け継いできた祠があります。ですが、特に「神様が・・・」という教えを受けて来たりはしていません。自分としては無宗教のつもりです。

そういった立場から見た時、より自然に見えるのが多神教の教えの方だと思っているだけです。

そして、「人間とサイボーグ」と「アンドロイド、ロボット」の境界に関しては基準は魂とかではなく、例えば脳の機能を置き換えた時でも量子的に連続した記憶がある時には、100%義体でも人間といえると思います。

たとえ、ヒト型を為していなくても記憶が置き換わった時点で齟齬がない状態で、感情も同じなのであれば、元ヒトでも人間と呼べると思います。

また、人間はいい加減な生物です。生い立ちが100%人為的であったしても、人間のように考え行動し、感情もあるのであれば人間と呼んで差支えはないのではないかと思っています。

というか、かわいそうな目にあってたら、ロボットだろうが、アンドロイドだろうが、動物だろうが、ちゃんと「かわいそう」と感じてあげられるかどうかが人間性だと思うので、相手に感情があって本人が人間と自覚していて、人間と同じように考え行動するのなら、もはやそれは人間にしか見えないし感じないと思います。

そしてそれは間違いではないでしょうし、違ったとしても自分にはそれは感じとれません。

感じ取れないものをいくら考えても仕方ないですよね。

「ピノキオ」は最後に魔法で人間になります。

「十分に成熟した科学技術は魔法と変わらない」ならそのうちに科学技術で人間が産まれる事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました