【映画を楽しむコツ】vol.104 「LEON レオン」編【Amazonプライムビデオ】【U-NEXT】

コンテンツ

殺し屋と美少女の純愛物語として世界的に大ヒットした作品「レオン」。

自分にとっても好きな映画のひとつです。

"Leon" is a worldwide hit as a story of a pure love story between a killer and a beautiful girl.

It's one of my favorite movies.

※この記事にはネタバレが含まれます。ご注意ください。

This article contains spoilers. Please be careful.

作品概要 Outline Of Work

1995年日本公開のリュック・ベッソン監督作品。

ジャン・レノ主演で映画「ニキータ」のスピンオフ的作品。

世界的に大ヒットしてナタリー・ポートマンの出世作となった。

A work directed by Luc Besson released in Japan in 1995.

A spin-off of the movie "Nikita" starring Jean Reno.

It was a huge hit worldwide and became Natalie Portman's success story.

ざっくりあらすじ Rough synopsis

「掃除屋」と呼ばれるプロの殺し屋レオン。

ある日隣室に住むジョセフが麻薬を横領し、それがバレてその娘マチルダを残し皆殺しになってしまう。

レオンはとっさにマチルダを自室に保護し、やり過ごす。

マチルダは弟の仇を討ちたいとレオンに暗殺技術の指南を希望。

レオンは躊躇うもマチルダに手解きすることにした。

いつしか2人の間に奇妙な愛情が芽生えていった。

Leon, a professional hitman called a "cleaner".
One day Joseph, who lives in the next room, embezzles the drug, and it gets caught and kills him, leaving his daughter Matilda behind.

Leon immediately protects Matilda in his room and goes through it.

Matilda wants Leon to teach the assassination technique to avenge his younger brother.

Leon hesitated and decided to solve Matilda.

Someday a strange affection grew between the two.

なんと二日で仕上げた脚本 What a script finished in two days

リュック・ベッソン監督が少年時代に構想していたSF作品「フィフス・エレメント」を映画化したかったが、予算が足りず撮影できずにいました。

そこで別の作品を撮って、その利益を「フィフス・エレメント」にあてようということになりました

そのため、「ニキータ」の設定を流用して「掃除屋」と呼ばれる殺し屋をメインにする物語を考案。

たった二日で脚本を仕上げたそうです。

I wanted to make a movie of the science fiction work "Fifth Element" that director Luc Besson envisioned when he was a boy, but he couldn't shoot because of lack of budget.

So I decided to take another work and use the profits for the "Fifth Element".

Therefore, he devised a story that diverted the setting of "Nikita" and focused on a hitman called "cleaner".

It seems that the script was completed in just two days.

とりあえずが世界的大ヒット For the time being, it is a big hit worldwide

この映画は世界的に大ヒットし、名作とまで言われるほどになりました。

リュック・ベッソン監督はそこまでヒットすることは全く予想していませんでした。

すべての撮影をたったの3か月で終えての公開と非常に短期間で製作された、実は「とりあえず」の作品だったのが信じられません。

大ヒットのおかげで十分な資金が集まり、「フィフス・エレメント」の撮影を開始することができました。

This movie was a huge hit worldwide and became a masterpiece.

Luc Besson never expected to hit that much.

It's hard to believe that it was actually a "temporary" work that was released in just three months and produced in a very short period of time.

Thanks to the big hit, we got enough money to start shooting "Fifth Element".

非常にシンプル Very simple

今作中に登場するキャラクターは

  • レオン:殺し屋、背が高くて牛乳マニア
  • マチルダ:家庭環境が悪く、家族を皆殺しにされてしまった少女
  • スタンフィールド:悪徳麻薬取締官

という非常にシンプルでわかりやすいキャラクターです。

脚本的にも、レオンとマチルダの結びつきが強くなっていく描写と、最後レオンの死を盛り上げるためにスタンフィールドが強烈な悪であるという描写があるだけ。

分かりやすく、シンプルなストーリーです。

そして、テーマは

  • 純粋な愛情
  • 背徳感

以上のふたつです。

実はこの映画の肝は、「背徳感」にあると言っても過言ではありません。

The characters that appear in this work are

1. Leon: Hitman, tall and milk enthusiast.
2. Matilda: A girl whose family environment has been bad and her family has been killed. 
3. Stanfield: Unscrupulous drug control Official.

It is a very simple and easy-to-understand character.

In the script, there is only a description that the connection between Leon and Mathilda becomes stronger, and a description that Stanfield is a strong evil to liven up the death of Leon at the end.

It's an easy-to-understand and simple story.

And the theme is

1. Pure affection
2.Immorality

These are the above two.

In fact, it is no exaggeration to say that the heart of this movie lies in the sense of immorality.

この全編を通して感じられる背徳感の元になっているのがマチルダという12歳の美少女です。

  • 12歳の美少女と殺し屋との組み合わせ
  • 不幸な生い立ちの美少女
  • 二人の出会い
  • 少女は復讐を誓う
  • 殺しの練習をするマチルダ
  • 殺し屋と仲良くなるマチルダ
  • 殺し屋が少女に愛の告白

などなど、マチルダが「12歳の美少女」であるからこそ背徳感を感じる部分が大きくなります。

もしマチルダが20歳を超える大人であったならば、この背徳感はほとんど感じない作品になっていたでしょう。

この背徳感が作品としての格をあげる要因になっているのでないかと思います。

Matilda, a 12-year-old beautiful girl, is the source of the sense of immorality that can be felt throughout this story.

1. A combination of a 12-year-old girl and a hitman
2. Beautiful girl with an unfortunate upbringing
3. Meeting of two people
4. The girl vows revenge
5. Matilda practicing killing
6. Matilda makes friends with the hitman
7. Hitman confesses love to the girl

And so on, because Matilda is a "12-year-old beautiful girl", the part where she feels immorality becomes bigger.

If Matilda was an adult over the age of 20, this immorality would have been barely felt.

I think that this sense of immorality is a factor that raises the rank of the work.

ナタリー・ポートマンの悩み Natalie Portman’s worries

世界的に大ヒットし、ナタリー・ポートマンもブレイクしました。

そもそも、マチルダ役はかなり選ぶのに苦労したみたいです。

リュック・ベッソン監督のイメージとしては少女だったのですが、オーディションに集まった女優はみな大人の女の演技を見せたのだそうです。

そこでイメージとは全く違ったのですが、ナタリー・ポートマンを起用することになったのだそう。

まだ女優としてデビューしたばかりの彼女は自由に涙を流す演技は出来なかったので、目の下のミントオイルを塗って涙を流した演技をこなしたそうです。

しかし撮影時、12、3歳で初々しい彼女が愛の言葉を交わすような刺激の強いシーンを演じたことで、一部に子供なのに性的対象として見られてしまいます。

彼女はこのことを不快に感じていたとその後成人してからインタビューに答えています。

It was a huge hit worldwide, and Natalie Portman also made a break.

In the first place, it seems that it was quite difficult to choose the role of Matilda.

The image of director Luc Besson was a girl, but all the actresses who gathered at the audition showed the acting of an adult woman.

So it was completely different from the image, but it seems that Natalie Portman was appointed.

She just made her debut as an actress and couldn't shed tears freely, so she applied mint oil under her eyes and shed tears.

However, at the time of shooting, when she was 12 or 3 years old, she played a stimulating scene where she exchanged words of love, so even though she was a child, she was seen as a sexual object.

She said she was uncomfortable with this and later responded to the interview as she grew up.

ゲイリー・オールドマンの怪演が光る Gary Oldman’s phantom performance shines

麻薬取締局の刑事にして、麻薬密売組織を牛耳るスタンスフィールド役のゲイリー・オールドマンがキレまくります。

ぶっ飛んだ演技に人間の怖さを生々しく感じさせられます。

実はほとんどがアドリブだったそうで、周囲の俳優たちの本物のとまどった表情が使われています。

Gary Oldman, who plays the role of Stansfield, who is a detective of the Drug Enforcement Bureau and who controls the drug trafficking organization, is sharpened.

You can feel the fear of human beings vividly in the acting that flew away.

In fact, it seems that most of them were ad lib, and the real and confusing facial expressions of the actors around them are used.

1日2リットルの牛乳 2 liters of milk a day

なかなか強烈な印象だったのが、ジャン・レノ扮するレオンが毎日、牛乳を大量に飲んでいます。

これは代々、殺し屋の血族として生きてきたレオンの身体能力や集中力などを高い水準で維持するための生活習慣なんですが。

「殺す」のに健康が第一というなんだか皮肉が効いた習慣です。

「ハイサワー」のグラスが登場するのもなんだかニヤリとしてしまいます。

What impressed me very much was that Leon, who plays Jean Reno, drinks a lot of milk every day.

This is a lifestyle to maintain a high level of physical ability and concentration of Leon, who has lived as a murderer's relative for generations.

It's an ironic habit that health is the number one priority for "killing".

The appearance of "ハイサワー:High Sour" glasses makes me grin.

泣いて喜んだジャン・レノ Jean Reno crying and rejoicing

監督が気に入った同じ俳優を何度も自分の映画に起用することはよくあることですが、今作の主人公レオン役についてジャン・レノは「今回は起用されることはないだろう」と思っていました。

なぜならロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、メル・ギブソンなどとんでもないビッグネームが並んでいたからです。

しかし、ある日監督との夕食の時に「私からのプレゼントだよ、レオン!」と「レオン」の脚本を渡されて、ジャン・レノは涙を流して感激したそうです。

It's common for the director to use the same actor he likes in his films over and over again, but Jean Reno thought, "I'm not going to be appointed this time," about the role of Leon, the main character in this film. I did.

Because there were ridiculous big names such as Robert De Niro, Al Pacino and Mel Gibson.

However, one day at dinner with the director, Jean Reno was moved with tears when he was given the script of "Leon!" And "It's a gift from me!".

批判される理由 Reasons for criticism

この映画はアメリカでテスト上映した際にレオンとマチルダの微妙な関係に不快感を表す人々がいたために、出来るだけシーンをカットして上映されたました。

それでも一部の評論家たちからは「児童ポルノに等しい」と酷評されてしまいます。

実際、そういう目で見た観客がいて、ナタリー・ポートマンを悩ませるようなこともありました。

リュック・ベッソン監督は「純粋な愛」を描いたものであり「肉体関係」を描いているわけではないと強く反論しました。

そしてその後、カットされた22分の映像をまた追加して「完全版」として公開しました。

The film was screened as cut as possible because some people were uncomfortable with the subtle relationship between Leon and Mathilda when it was test-screened in the United States.

Still, some critics criticize it as "equivalent to child pornography."

In fact, there was an audience who saw it that way, and it sometimes bothered Natalie Portman.

Director Luc Besson argued strongly that it depicts "pure love" and not "physical relationships."

After that, I added another 22-minute cut video and released it as a "complete version".
レオン 完全版 (字幕版)
凶暴な純愛がここに完結する。『グラン・ブルー』『二キータ』のリュック・ベッソン監督が、ニューヨークを舞台に放つアクション・エンタテインメント!アカデミー賞女優、ナタリー・ポートマン鮮烈のデビュー作。『レオン オリジナル版』には未使用の、レオ...

おまけ Bonus

日本で公開されたあと、いわゆる「ちょいわるおやじ」が流行ります。

これは映画と同名の雑誌「LEON」が提唱したちょっと不良な中年男性を表しています。

イタリアンファッションを中心にした異性に受けるファッションです。

◆LEONレオンオフィシャルWebサイト

LEON レオン オフィシャルWebサイト
月刊誌『LEON』から誕生した「モテる」情報満載のウェブマガジンです。ひとひねりあるお店やスポット、時事ネタから、リッチな腕時計、クルマ、ファッションに関する独自の特集がウリ。すべての男性の遊びのネタ帖、会話のきっかけ作りに使えます!
After being released in Japan, the so-called "little father" will be popular.

This represents a slightly bad middle-aged man advocated by the magazine "LEON", which has the same name as the movie.

It is a fashion that is received by the opposite sex, centered on Italian fashion.

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました