【映画を楽しむコツ】vol.85 映画の見方・楽しみ方・鑑賞方法まとめ【劇場】【お家時間】【サブスク】

Enjoy-movieコンテンツ
Aさん
Aさん

映画をより楽しむためのコツが知りたいなぁ~♪

こちらの記事では映画の楽しみ方のコツを紹介しています。

いままで紹介した楽しみ方のコツなどをまとめてみましたので、ご参考により映画を楽しんでいただけたらと思います。

とにかく難しくない、分かり易いというのを目指しています。

抜けている情報、間違っている情報があるかもしれません。ぜひコメントなどでお知らせください。

もちろん応援コメントも大歓迎です!

映画を観る前

映画を観る前は出来るだけ事前情報を入れないようにしています。

見ても予告編くらいですかね。

それ以上の情報は先入観を持ってしまう原因となってしまいます。

先入観ある状態で鑑賞すると、「期待して思ってたのと違う!」となりやすいのです。

だから出来るだけ事前情報はいれません。

もちろんネタバレもできるだけ目にしないよう耳にしないようにした状態で映画鑑賞するように心がけています。

分かっちゃうと見た時の新鮮な「驚き」や「衝撃」が薄れてしまいます。

なので、ネタバレについてはマナー違反にならないように気を付けたいところです。

映画館で知っておきたいこと

映画館で鑑賞する時には座席を選んだり、場合によっては上映方式を選ぶわけですが、事前に上映方式の違いや座席の選び方など知っておきたいですよね。

最近は上映方式が以前に比べて数が多くなっています。

IMAXとか、4DXとかいろいろあります。

上映方式や、座席によって料金も違いがありますので、基本的なことは押さえておきたいですよね。

以下の記事でまとめて紹介しています。

映画を観る時、観た後

自分が楽しむために行っている映画鑑賞術はまずはこの4か条

  • 鑑賞中出来るだけ集中出来る環境を
  • 観た映画の記録を付ける
  • 分からない事はググる
  • たくさん批評を見る、読む。(自分と違う意見に触れる。)

観賞中はリラックスかつ集中できるようにします。

観た映画の記憶はだんだん薄れていってしまうので、記録をつけます。

分からない事はググって調べます。←これ実はけっこう重要。記録残すので忘れてもいいから調べると絶対に後で役に立ちます。

またいろんな考え方に触れる事も大事です。

詳細は以下の記事からどうぞ。

また、たくさんの批評に触れるために映画評論サイトを見てみるのも良いと思います。

詳細は以下の記事から

【映画を楽しむコツ】vol.122 映画批評サイトRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)【見方・使い方】
この記事では映画批評サイトRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)を紹介しています。たくさんの批評に触れるのによいサイトだと思います。世界的にも有名で英語のみですが読んでみる価値は大きいと思います。

映画会社のオープニングロゴ映像も楽しいです。

映画では本編が始まる前に各映画会社のオープニングロゴ映像がほぼ必ず流されます。

実はこの映像自体に映画会社の歴史やメッセージや意味などが込められていることをご存じでしょうか。

また、作品ごとにアレンジが加えられていることも多いです。

オープニングロゴ映像を楽しむというのも映画の楽しみ方のひとつです。

より、詳細は以下の記事からどうぞ。

何も考えずに楽しむ

まず、もっとも重要なのがこれです。

「何も考えずに楽しむ」

「細かいことは分からないし、考えたくない!」ということで、なんとなく好きな映画をぼーっと眺めてみるのもひとつの楽しみ方です。

好きに理由はいりません。

その映画を理解しているとか、批評が出来るとか、関係なくただ楽しむ!!

楽しんだもの勝ちです!!

映像の雰囲気や、音楽などを楽しむ

映画は不思議なもので、ストーリーよりもずっと映像の雰囲気や音楽などが重要だったりします。

ストーリーが破綻していようと面白くて優れた映画が多いのはそのためです。

雰囲気や、音楽などのひとつの要素に集中して観てみるとまた違った観方が出来ると思います。

伏線を探して、回収されるのを楽しむ

伏線を意識して観るというのもいい観方だと思います。

物語の中に巧妙に散りばめられた伏線は意識せずに見ていてはなかなか気付くのが難しいです。

伏線を見つけて回収された時に「あー-!こういう事か!!」とスッキリしたり、思っていたのとまったく違ったとしても「そーきたか!!」と裏切りを心地よく楽しめると思います。

映画や映像の構造や効果について

映画は映像の連なりで物語を紡いでいる作品の事です。

つまり映画の構造や映像の効果を知る事でより深く理解することが出来るようになります。

基本的なカメラワークや構図・アングル・特殊効果・音楽・効果音などに意味がある場合が多いのでこれを読み取れればより深い理解に繋がります。

すべてを網羅して細かく批評するなんてことは必要ありませんが、「なんだこれ?」という疑問を少しでも解消したり、その映画の何がすごいのかを読み取れたりするようになります。

少し覚えておくのもよいですよね。

詳細は以下の記事からどうぞ。

映画のジャンルで楽しむ

映画にはいろんなジャンルがあります。

自分の好きなジャンルが分かればより手軽に楽しめるようになります。

例えば、

  • アクション
  • ホラー
  • SF

などほかにも恋愛、ヒューマンドラマ、歴史ロマン、ドキュメンタリーなど多種あります。

また、普段観ないジャンルの映画を観てみるのも楽しみ方のひとつです。

新たな発見があるはずです。

映画監督に注目して観る

作品は映画監督の個性に大きく影響を受けています。

映画監督に注目することで楽しみ方にさらなる幅が生まれます。

詳細は以下の記事から

製作された年代から読み取る

製作された年代というのも映画を読み取る上で重要な要素と言えます。

どんな時代に作られたかで、作品の傾向が変わってきます。

例えば、1950年代くらいまで「第2次世界大戦後」という事で復興させるためのエネルギーを欲して明るい作品が好まれます。結果、ハッピーエンドの作品が多く作られます。

しかし1960~1970年代になると、「本当にそれでいいのか?」とハッピーな機運に疑問を投げかける作品が好まれるようになります。現実的な悩みなどを描くアメリカン・ニューシネマというジャンルが出来てきます。

1980年代に入ると、アメリカはベトナム戦争敗戦で経済的にもムード的にもどん底状態でした。これを元気づけるような作品が創られ始めます。

1979年の「スターウォーズ」が世界的大ヒットになって、80年代はSFの時代にもなります。

SF、ファンタジー、コメディ、サスペンス、ホラーなど多種多様な傑作が生まれます。

80年代は日本においてもバブル経済まっただ中で好景気な映画が多いです。

などなど、必ず製作された時代の背景に影響を受けているのでどんな時代だったのかを読めば、映画にもより多くの読み取れる部分が発見できるでしょう。

好きな出演俳優で楽しむ!

出演している俳優はものすごい競争を勝ち抜き、選ばれた存在です。

美男美女、演技派俳優、コメディ、アクションとそれぞれ好きな俳優やタイプみたいのがあると思います。

すっきな俳優が出演しているだけでも、作品が非常に楽しいものになります。

以下の記事では電八的お好み俳優を紹介しています。

【映画を楽しむコツ】vol.110 俳優で楽しんじゃう方法編【おすすめ】【イケメン】【美女】
この記事では映画の楽しみ方として、電八の個人的お好み映画俳優を紹介しています。

劇中の食事に注目して観る

映画は登場するキャラクターたちの生き様や人生や生活を描いています。

生きるためには当然、食事をします。

この食事の仕方やメニューでキャラクターたちの性格や考え方なんかが浮き彫りになります。

また、その国の文化などを知ることも出来るので、雰囲気を理解する手助けにもなると思います。

とにかくたくさん観る

なんといっても、たくさんの映画を観てみるというのは「楽しむ」ということに非常に有効な方法と言えます。

ここは気楽にいろんな映画を観てみるというのもいい方法だと思います。

上記には「ジャンルで楽しむ」と書いたのですが、ジャンル問わずにたくさん観てみることで自分の「好み」を把握できるようになると思います。

そしてジャンル自体もけっこう複数が混ざり合ったりしているのであまりこだわりを持ちすぎるのも窮屈になってしまいます。

劇場に通う

足しげく劇場に行って映画を楽しむのは理想的な楽しみ方のひとつです。

同じ映画を上映方式の違うスクリーンで観てみるのもありでしょう。

一回の鑑賞で1500~5000円ほどと考えた場合、一度、居酒屋に飲みに行くの変わらないくらいでという感覚ですかね。

上映方式や座席などで料金が違います。

またいろんな割引サービスを活用するのもありだと思います。

超便利な動画配信サービス

大スクリーンで観る映画ももちろんいいのですが、お家で誰に気兼ねするでもなく楽しむのもいいですよね。

そこでたくさんの作品を楽しむのに動画配信サービスというのは向いています。

ざっくりとした各種の動画配信サービスを比較して合うモノを契約するといいと思います。

無料期間も大体のサービスには用意されていますのでひととおり試してみるのもありですよね。

詳細は以下の記事からどうぞ。

ポイントを使って劇場で鑑賞する

U-NEXTはポイントの使い道が幅広く、実は劇場に観る時の費用に充てることもできます。

少しでも劇場で観る機会を多くするのによいと思います。

詳細は以下の記事からどうぞ。

リラックスするために軽食を採る

リラックスして観るために軽食を摂るのはぜんぜんありだと思います。

少し注意する点がありますが、それさえクリアしていればより映画を楽しめるようになると思います。

映画鑑賞中の軽食についての詳細は以下の記事から

鑑賞後の記録づくりに

観た映画は記録をつけておきます。

ノートに手書きで残すのも良し、アプリを使って記録を残すのも良しです。

とにかく、観た映画のタイトル、観た日、感想くらいは記録しましょう。

それが後々に自分がどんな作品が好きなのかや、感じ方などを把握するのに役に立ちます。

単純に見返すのが楽しいというのももちろんあります。

以下はブクログというアプリについて紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました