【映画を楽しむコツ】vol.4「ミッドサマー」編【Amazonプライムビデオ】【U-NEXT】

コンテンツ

作品概要「ミッドサマー」

2019年公開、アリ・アスター監督のホラー作品。

「ミッドサマー」は「夏至」のこと。

アメリカの大学生たちが白夜のスウェーデンの村の夏至祭に招待され、そこでのおぞましい体験が描かれる。

いわゆる胸糞映画としてよく紹介されている。

※注意:この記事にはネタバレが多分に含まれています。作品をご覧になっていない方にはオススメできません。

素直に気持ち悪いです

この映画は異文化とのコミュニケーションの難しさとか言うレベルのものではなく、最初から不安な雰囲気がずっとつきまといます。

精神的に気持ち悪さが立つ映画。

そして狙ってそう言う映像に作り上げているので、素直に気持ち悪がってあげましょう。

でも、ホラー映画に描かれるアメリカの学生って基本的にバカが多いよね。

老人2人が崖の上から飛び降りて死ぬシーンを目の当たりにして、普通は異文化だからって納得しちゃダメでしょ。

いくらなんんでもそこはウケ入れられないよね。マジでバカだよねー。

それもレポートのためだからとか、理由が希薄すぎ(笑)

そうこうしているうちにひとり、またひとりと学生たちが姿を消していく。

それも気にせずに祭りに参加し続けるってもはや考えなしにも程があるでしょ。

この映画はそういった違和感と不安な雰囲気と何を考えているのかわからない村人たちの不気味さがものすごく気持ち悪い。

というかそのように作ってるのがすごい。

SEXシーンも正直全くエロチックな感じがない。と言うかものすごい気持ち悪さが立つ。

ほんとにこの映画のすごいところはワンシーン毎に区切って見てみても、一言「気持ち悪い」に集約される点だ。

そして気持ち悪いは悪いことじゃない。映画という非日常で気持ち悪さを経験しても現実に戻ってきたら気持ち悪さから解放される。気持ち悪くないことが喜ばしく感じられる。

主人公ダニが解放されたがっている

主人公のダニは、自分の妹の死や閉塞した周囲の状況に苦しんでいます。

なんとかそこから抜け出したいと常々、思っているのに状況はまったく変わらないでいます。

そこに夏至祭りの話があり、少しでも今と違った風景や状況があるのならと旅に同行します。

しかし、どんどんドツボにハマっていきます。

解放どころか追い詰められていきます。

しかしある時に気付いてしまいます。

道徳的な観念や周囲のすべてを脱ぎ去ることで、自分自身からすら解放されるということに。

ラストの彼女の笑顔はやっと解放されたという安堵の笑顔なのでしょう。

「ヘレディタリー継承」との対比

「ヘレディタリー継承」が黒ならば「ミッドサマー」は白など、割と同じ作りなのですが、対になるような作りになっています。

見た目の違いとして、「ミッドサマー」は白いのは何と言っても白夜の村が舞台だからです。

大して「へレディタリー継承」は夜の闇が基本の映像に仕上がっています。

監督のアリ・アスターはホラー畑の人と言って良さそうだ。

ホラー映画を見まくってた時期がありそれを映画作りに生かしているそう。

※気持ち悪く作ってあるのだからしっかり気持ち悪がってあげるのがこの映画を見る上での最高の楽しみ方だろう。

※楽しまないと損だ。

ミッドサマー(字幕版)
アメリカで暮らす大学生のダニーと恋人のクリス、その仲間たちは、交換留学生であるペレの故郷スウェーデンで夏至(ミッドサマー)に行われる祝祭に誘(いざな)われる。その村では、90年ごとに9日間の浄化の儀式が行われ、人々は着飾って様々な出し物をするのだという。人里離れたヘルシングランド地方、森の奥深く、美しい花々が咲き乱れる...

コメント

タイトルとURLをコピーしました