【映画を楽しむコツ】vol.96 劇場版「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」編【U-NEXT】【Amazonプライムビデオ】【ドラマ】

macross01コンテンツ

この作品をまだ書いていなかったな~。。

っと思いながら久しぶりにDVDを見るのだった(笑)

ということで絶対に外せない作品として劇場版「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を紹介いたします。

オタクが好きなアニメですが、意外とドラマ中心の作品で良作であると思います。

SF・アイドル・三角関係と三拍子そろった

作品概要

©1984ビッグウエスト

1984年公開の河森 正治、 石黒 昇監督のSF超大作。

1982年~1983年にかけて放映された「超時空要塞マクロス」の劇場用映画として製作された。

各キャラクターの、作画による細かい演技にこだわってリメイクされている。

主題歌『愛・おぼえていますか』がオリコンチャート最高7位を獲得して、歌手である飯島真理は「ザ。ベストテン」や「ザ・トップテン」に出演した。

またこの年は劇場用アニメで「うる星やつら2ビューティフル・ドリーマー」、「風の谷のナウシカ」が公開され、「アニメ劇場版の当たり年」と言われている。

キャッチコピーは「それは時空を超えたラブソング」「ミンメイ 最大戦速(マクロスピード)!!」

ざっくりあらすじ

地球を離れる際に避難した5万8千人の民間人を乗せた巨大宇宙艦マクロス。

人々は艦内に築かれた都市で生活を営んでいた。

アイドルのリン・ミンメイのコンサートの日、ゼントラーディ軍の襲撃を受けマクロスは変形(トランスフォーメーション)して応戦する。

トランスフォーメーションによりできた閉鎖区画にミンメイとともに閉じ込められたパイロット一条輝はミンメイと親しくなるが、マスコミにスクープされ、厳格な上官である、早瀬未沙にとがめられてしまう。

人類vs異星種族の戦争が激しさを増していく中、3人の男女の思いの行方は…?

都市がすっぽり入った巨大宇宙船

©1984ビッグウエスト

超巨大な都市宇宙船マクロスは一番の特徴は船内に都市がまるごとすっぽりと収まっていてかなりの人口の住民が生活しています。

「マクロス」ではテレビ版も劇場版も地球は攻撃を受けて絶滅してしまいます。つまりマクロスは地球人類の箱舟(はこぶね)なんです。

だから作品が進むごとに時代が進み、人口が増えて大船団となっていくんですね。

文化の象徴としてのアイドルソング

©1984ビッグウエスト

この作品のすごいところは初めて歌手役の声優を本物の歌手が担当したことです。

リン・ミンメイ役は飯島真理が担当しています。声質がかわいくてアイドルを演じるのにはいい感じだったのではと思います。

しかもリン・ミンメイ名義でボーカルコレクションとしてアルバムが発売されています。

https://amzn.to/3LTHsw8

かなり高いキーの声を出すことが出来ていわゆる「アニメ声」でもありました。

リン・ミンメイの代表曲「私の彼はパイロット」。

リン・ミンメイはその名からも分かるように中国人の設定となっています。

劇中で新曲として流れる「小白竜」はシャオ・パイロンと発音します。

実際の発音は以下のサイトからどうぞ

音声リーダー。 オンライン。 正確。 無料。
音声リーダー。 オンライン。 正確。 無料。

読み上げてほしいテキストを入力して、どの言語で読んでもらうか選択して➤ボタンを押せば音声で発音してくれます。

戦時下のせつなさをうたい上げた名曲「愛は流れる」

少し実力のついたアイドルがノリのいい曲で観客と一体になる「0-G Love」(ゼロジー・ラブ)。

非常にアイドルっぽい楽曲の「サンセット・ビーチ」

少し、ユーミンちっくなメロディラインの「シルバームーン・レッドムーン」

そしてもっとも有名な曲の劇場版の主題歌「愛・おぼえていますか」です。

三角関係

「大人のドラマ」として恋愛を取り入れました。

1974年放映の「宇宙戦艦ヤマト」以降、アニメに大人でも楽しめる要素としてドラマ要素を加えるようになりました。恋愛であったりハードボイルドであったり。

意外と子供たちは大人たちの文化をすんなり受け入れて憧れを持つようにもなります。

主人公の一条輝(いちじょうひかる)とアイドル歌手リン・ミンメイ、輝の上司の早瀬未沙(はやせみさ)の三角関係が描かれます。

さらにこの「三角関係」はいろんな形態をとりますが、その後展開される「マクロス」シリーズのテーマのひとつになります。

どの「マクロス」作品も三角関係の恋愛が描かれています。

アイドルが出る映画やドラマにはせつない恋愛模様が欠かせません。

©1984ビッグウエスト

ミンメイ・アタック

リン・ミンメイの歌を戦場の全周波数帯に発信して、曲を聞いた敵が動揺している間に大攻勢をかける戦法をクライマックスシーンで行うのですが、これに名前が付きます。

それが「ミンメイ・アタック」です。

このミンメイ・アタックはゼントラーディやメルトランディなどの敵性種族にはカルチャーショックを与えスキを生みだす効果があり、味方には士気高揚の効果があります。

のちの作品もこれを効果的に行うために歌を聞かせるための強力なシステムを搭載したメカなどが登場するようになります。

©1984ビッグウエスト

板野サーカス

この動画はマックスとミリアのドッグファイトを描いたものですが、ものすごいスピード感でひと時も気を抜けない緊張感が伝わってくるシーンです。

余談:この戦っているふたりはこの後結婚して子供が生まれます。

そして、このものすごく目まぐるしいアクション描写はアニメーター板野一郎によって確立された手法ということで「板野サーカス」と呼ばれています。

のちの作品に大きく影響を与えています。

いまだに、空中戦シーンは板野サーカス風で描かれることが多いです。

完全変形

超巨大な宇宙艦マクロスのトランスフォーメーションや輝たちが搭乗するバトロイド・バルキリーの戦闘機から人型への変形も、ちゃんと模型を使ってきっちり変形できるようにデザインされているのが特徴です。

あまり出番ないデストロイドたち

主人公・輝たちが搭乗するのがバトロイド・バルキリーですが、彼らは制空圏を確保するための航宙攻撃部隊です。

それとは別に後方支援・拠点防衛用に開発されたのがデストロイドシリーズです。

デストロイド・ディフェンダー

デストロイド・ファランクス

デストロイド・トマホーク

デストロイド・スパルタン

デストロイド・モンスター

モンスターのデザインには惚れ惚れしちゃいますね~♪

完全版とは

エンディング「天使の絵の具」

劇場公開3年後の1987年にOVA作品「超時空要塞マクロス Flash Back 2012」が公開されます。

リン・ミンメイの劇中歌唱曲を集めたミュージックビデオでした。

もともと劇場版のエンディングで「天使の絵の具」をコンサートで歌うミンメイを描く予定だったのが諸所の事由によりかないませんでした。

そこで「超時空要塞マクロス Flash Back 2012」公開後に発売されたLD、DVDではエンディングクレジットの映像を「超時空要塞マクロス Flash Back 2012」の映像に差し替えて発売。

タイトルを「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 完全版」と変更しています。

今となっては大御所だらけ

スタッフロールを見ると知っている名前がずらーっと並んでいます。一部紹介します。

監督:河森 正治、 石黒 昇(「メガゾーン23」など)

脚本:富田祐弘(「ガルフォース」シリーズなど)

キャラクターデザイン:美樹本晴彦(「メガゾーン23」など)

メカニックデザイン協力 – 出渕裕(「機動警察パトレイバー」など)、かがみあきら原田則彦石津泰志ほか

作画監督:美樹本晴彦板野一郎平野俊弘(「戦えイクサー1」など)ほか

作画監督補:島田英明、飯田史雄垣野内成美(「吸血姫美夕」など)、増尾昭一

原画:庵野秀明(「新世紀エヴァンゲリオン」など)、北久保弘之(「老人Z」など)、結城信輝(「ファイブスター物語」など)、その他多数。

などなど、ほかにもたくさんの有名な方が携わっています。

おまけ

すかいら〜くCM

公開された年にファミリーレストラン「すかいら~く」とタイアップしていました。

すかいら~くのCMで「愛・おぼえていますか」バージョンのものが放映されていました。

ミンメイ「愛、おぼえていますか?」

輝「いや、僕、味、おぼえています。」

というのが記憶にあります。

動画見つけた時の懐かしさよ!!(笑)

【超時空要塞マクロス】宝塚市立手塚治虫記念館にて「マクロス放送40周年記念 超時空要塞マクロス展」開催決定! - MACROSS PORTAL マクロスポータル(公式)
1982年10月3日、日曜日午後2時に『超時空要塞マクロス』のテレビ放送が開始―――それから40年を迎える20

ちなみにただいまAmazonプライムビデオ、U-NEXTでは好評レンタル配信中です。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
TVアニメ「超時空要塞マクロス」をもとに全編新作で作成された劇場版。ストーリー構成やキャラ&メカ設定などが刷新されている。巨大異星人同士の戦いに巻き込まれ、地球帰還の術を失った宇宙戦艦マクロス。アイドル歌手のミンメイと上官である未沙に心を揺れ動きながら、パイロットの輝は戦いに身を投じていく。(C)1984 ビックウエス...

コメント

タイトルとURLをコピーしました